1. ホーム
  2. トピック一覧
  3. マイクロLED搭載!0.93mmピッチで4k8kに対応の超高精細LEDディスプレイ- Deepsky -

マイクロLED搭載!0.93mmピッチで4k8kに対応の超高精細LEDディスプレイ- Deepsky -商品紹介-DeepskyマイクロLEDディスプレイ

deepsky日本ではまだまだ高額で導入が難しい1mmピッチ以下のマイクロLEDを搭載したデジタルサイネージ用のディスプレイDeepsky。
弊社は国内で手に入るLEDに比べ、高スペックにもかかわらず低価格でのご提供を可能とするDeepSkyの0.93㎜ピッチLEDの輸入販売を開始致しました!

マイクロLED搭載!新しい映像体験をご提供

極薄52.1mm日本初上陸となるLEDディスプレイ「Deepsky」は、多くの革新的な特徴を持っています。 「Deepsky」は超高精細0.93mmピッチ、高輝度、高コントラスト3000cd/㎡と高い描画性能があります。 軽量・極薄52.1㎜のため、従来の製品よりも設置が容易であり、 高コストの要因となる工事費の大幅な削減を可能とします。 デジタルサイネージとしては、高い視認性をもち1.5m至近距離にも耐えうる超高精細LEDディスプレイです。今後は、 駅通路や空港などの交通機関、美術館などの公共施設、店舗内の大型ビジョンへの提供が期待されます。

Deepskyは最新の技術であるCOB(チップオンボード)方式を採用し、1mmピッチ以下のマイクロLEDによるLEDビジョンの製造ができる高良な技術を持つメーカーです。従来のディスプレイと比べても描画性能がはるかに高く、質感を正確に映し出すことにより、デジタルサイネージによる請求効果を数段上げてくれる画期的な表示装置となるでしょう。

LED間のピッチは0.93ミリ-チップオンボード方式とは?

0.93mmピッチDeepskyのテクノロジーは、革新的な大型ディスプレイソリューションだといえます。スクリーンの画素は、ディスプレイの表面上に埋め込まれたマイクロLEDによって構成されます。
いわゆる、”COD(チップオンボード方式)”です。
マイクロLED間のピッチは1mm以下で非常に高精細に映し出されるため、近距離からでも目への負担を軽減させます。Deepskyのディスプレイは、その独自のLED搭載方法により、178°の視野角と、高品質な色彩表現を実現により、デジタルサイネージを通してお客様に最高の映像体験を提供することができます。

高輝度、高いコントラストの実現

コントラスト比DeepskyではマイクロLEDチップを搭載しているだけでなく、LEDの密度を高くすることで、他社の高解像度ディスプレイより3倍近い輝度レベルを実現しています。また、艶消し加工をディスプレイに施すことで光の反射を最小限に抑え、より高いレベルでの黒再現により6000:1の圧倒的な高コントラストを実現しています。

より高次元の映像設計

ビデオプロセッサービデオプロセッサーからLEDドライバまで全ての仕組みが高品質な映像表現のために設計されています。モーションブラーやゴーストエフェクト、色ムラの発生を抑えることが可能です。

特殊な表面加工とファンレス設計による、防水、防塵性能

Deepskyのモニター背面 DeepskyのLEDモジュールは独自の表面加工によって、防水、防塵性を備え、傷がつきにくい非常に滑らかなスクリーンです。
また、背面もファンレス設計のため、静音であり、他社の高解像度LEDディスプレイと比較してもより多くの設置環境への適応が可能となっています。

あらゆる状況に合わせたソリューションの提案

ディスプレイのサイズと環境の情報に基づいて、お客様のニーズに合ったデジタルサイネージソリューションを提供します。当社のLEDモジュールは様々な形のもの組み合わせることで、空きスペースは勿論、アーチ型の天井、柱などの歪曲した所にも対応することもできます。

採用事例

Deepskyの大型LEDディスプレイは、ニューヨークの高級ブティック店やパリの有名美術館で採用されております。

■事例1:ニューヨークワールドトレードセンターDior

「Dior」はニューヨーク・ビューティーブティックにおいてメイクアップに焦点を当てたデジタル体験型ブティックをオープンしました。
Dior北米代表は、お客様に自社の製品の魅力を伝えるために、Deepsky社を採用。

ニューヨークワールドトレードセンターDior

お店のドアから奥の外から見える床から天井までの見えるサイズの大型のディスプレイを設置しました。1mmピッチ以下のマイクロLEDにより、遠くからもはっきりとした映像が見えるだけでなく、間近からでもお化粧品の色使いや肌の質感まできめ細かく映し出せています。

■事例2:パリ・ルーブル美術館エントランス

2016年の秋にパリ・ルーブル美術館のインフォメーションセンターのカウンターの向かい側にDeepskyのディスプレイを設置。

パリ・ルーブル美術館

ガラスの内側に大型ディスプレイを設置することで、ルーブル美術館付近を通りかかった人に館内の情報を配信していきます。加えて、ルーブル美術館が持つ、独特の"らしさ"をデジタルで表現をするため、Deepskyの大型マイクロLEDディスプレイを採用してくださいました。

フルハイビジョンから8Kまでの対応

ファン・ファクトリーでは、DeepskyのマイクロLEDディスプレイをフルハイビジョンから4k、8kまで各サイズで提供することができます。
各サイズの寸法をまとめたのでご覧ください。

フルハイビジョンから4K、8Kへ

提案1 提案2 提案3
ピクセルピッチ 0.93mm
解像度 FULL HD 4k 8k
アスペクト比 16:9
サイズ 1836×1080mm 3564×1944mm 7020×3888mm
薄さ 52.1mm

従来ですと、デジタルサイネージの画面サイズサイズは最大で98インチまででしたが、Deepskyを採用したことにより、160インチ以上の大型サイネージのご提供もできるようになりました。

デジタルサイネージを検討しているお客様へ。
大型ビジョンでありながら、マイクロLED搭載による超高精細の映像配信をご希望でしたら、是非ともDeepskyをお選びください。

お気軽にご相談ください。

このページのトップへ戻る